不動産売却の流れとかかる期間は?媒介契約や売却活動などについて解説

2022-05-24

不動産売却の流れとかかる期間は?媒介契約や売却活動などについて解説

この記事のハイライト
●不動産売却は、不動産会社に査定を依頼して媒介契約を結ぶところから始まる
●一般的な売却活動では、不動産の広告を出すなどして広く購入希望者を募る
●不動産売却は一般的に3か月から半年ほどの期間が必要

「不動産売却はどのような流れで進むのだろう」や「不動産売却をしたいけれど、なにから始めれば良いのか分からない」など、お悩みではないでしょうか。
前もって不動産売却の流れを把握しておくことで、不安を抱かずスムーズに進めることができます。
ここでは不動産売却の流れを、媒介契約までと売却活動以降の2つにわけて解説し、一般的に必要な売却期間もご紹介いたします。
東松山市や比企郡周辺で不動産売却をご検討中の方は、ぜひご参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の流れ1:査定から媒介契約まで

不動産売却の流れ1:査定から媒介契約まで

不動産売却を検討し始めたら、以下の流れで進めていくのが一般的です。

  • 不動産会社に相談する
  • 不動産会社に査定を依頼する
  • 不動産会社と媒介契約を結ぶ
  • 売却活動をおこなう
  • 買主と売買契約を結ぶ
  • 決済と引き渡しをおこなう

ここでは不動産売却における流れの前半部分となる、媒介契約を結ぶところまでをご説明いたします。

不動産会社に相談して査定を依頼する

不動産を売却する理由や、希望する条件などはさまざまなため、まずは不動産会社に相談することが大切です。
相談の際に査定を依頼すれば、所有する不動産の現在の価格を知ることができます。
相談への対応や査定価格に問題がなければ、不動産会社と媒介契約を結ぶことになります。

不動産売却における媒介契約とは

媒介契約とは、不動産を売却するための仲介を依頼する際に、不動産会社と売主が結ぶ契約のことです。
媒介契約書には、不動産をどのような条件で売却し、成約した場合の報酬金額はどうするかなどが記載されています。
売主の大切な不動産を、安心して不動産会社に任せるための契約が媒介契約です。

媒介契約には3種類ある

不動産会社と結ぶ媒介契約には「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の3種類があり、ご希望に応じてどの契約にするかを選択することになります。
専属専任媒介契約
専属専任媒介契約はもっとも規制が厳しい契約となっており、不動産会社1社のみと契約を結びます。
自分で買主を見つけてくることもできませんが、その分手厚いサポートが約束されています。
媒介契約から5日以内にレインズ(不動産流通機構が運営する不動産情報システム)に不動産情報を登録することが義務付けられているだけでなく、売主への売却活動状況の報告も7日に1回以上と定められています。
専任媒介契約
専任媒介契約も契約できるのは不動産会社1社だけですが、自分で買主を見つけてくることは可能です。
レインズへの登録は契約の翌日から7日以内、売却活動報告は14日に1回以上となっています。
専属専任媒介契約と比べると少しゆるい条件と言えるでしょう。
一般媒介契約
もっとも自由度が高いのが一般媒介契約です。
複数社と契約を結ぶことが可能で、自分で買主を見つけることも可能です。
レインズへの登録義務はなく、売却活動報告の義務もないため、他と比較すると売却活動の内容が把握しにくいこともあります。

この記事も読まれています|遠方にある不動産を売却する方法とは?流れや注意点を把握しよう!

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の流れ2:売却活動から引き渡し完了まで

不動産売却の流れ2:売却活動から引き渡し完了まで

不動産会社と媒介契約を結んだら、いよいよ売却活動が開始されます。
ここでは不動産会社がおこなう売却活動の内容についてご説明いたします。

不動産会社が広告を出す

不動産を希望する条件で売却するためには、できる限り多くの方に物件の情報を知ってもらうことが基本となります。
そこで、レインズだけでなく不動産ポータルサイトに情報を載せたり、広告を作成したりして、情報拡散をしていきます。
また、対象エリアで不動産を探している顧客に直接アプローチするなど、さまざまな方法で集客することになります。

周囲に知られたくない場合は前もって伝えておく

もし周囲の方に知られずに売却活動をしたいのであれば、事前にその旨をお伝えください。
不特定多数の方が閲覧できるWebサイトへの広告掲載はおこなわないようにするなどの配慮が可能です。
ただし、広告を控えると売却まで時間がかかってしまうことも多いです。
周囲に知られずに早く売却したい場合は、不動産会社が直接物件を買い取る「買取」を検討することもおすすめです。

内覧への対応

家に住みながら売却を進めている場合、売主自身も内覧への対応をする必要があります。
内覧の希望は直前に伝えられることも多いため、普段から整理整頓を心がけ、物件の印象を良くするようにしておきましょう。
とくに玄関や水回りを念入りに清掃しておけば清潔感がアップします。
内覧は週末などの休日に集中する傾向があるため、休日の予定は空けておくと良いでしょう。

売却活動後の流れ

買主が見つかったら、売買契約へと進みます。
売主と買主の契約条件を不動産会社が調整し、売買契約書を作成します。
契約が済んだら売却金額の決済をおこないます。
不動産に抵当権が設定されている場合は、引き渡し前に抵当権抹消登記をおこなう必要があります。
最後に売主から買主に不動産の引き渡しをすれば、不動産売却の一連の流れは終了です。

この記事も読まれています|遠方にある不動産を売却する方法とは?流れや注意点を把握しよう!

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の流れにかかる一般的な期間は?

不動産売却の流れにかかる一般的な期間は?

不動産売却には複数の手続きが必要なため、最短でも3か月以上の期間がかかることが一般的です。
ここでは不動産売却の一連の流れにかかる一般的な所要期間をご説明いたします。

不動産売却の平均期間は3か月から半年ほど

不動産を売却するために行動を開始してから売却が完了するまでには、一般的に3か月から半年ほどの期間がかかることが多いです。
不動産の売却にかかる期間は不動産の条件や売り出し時期など、さまざまな要因によって左右されます。
広告を開始してすぐに買主が見つかるケースもあれば、なかには1年以上売り出し期間が続くようなケースもあります。

売却期間が短くなりやすい不動産の条件

「売却活動を開始したら、なるべく早く売れてほしい」とお考えの方がほとんどでしょう。
短期間で売却できるケースには、以下のような傾向があります。

  • 人気の立地
  • 相場より安い価格
  • 家が売れやすい時期
  • 対象のエリアを得意とする不動産会社

需要の高い不動産ほど買主が見つかりやすい傾向にあります。
駅や商業施設に近い立地や、高級住宅街などは人気が高く、探している方も多いため、早めに買主が見つかりやすいです。
また、近隣の相場よりも安い売り出し価格が設定されている場合も、購入希望者は集まりやすいでしょう。
売り出し価格の設定は、周辺で売り出されている、似た条件の不動産の相場とのバランスを考えて、適切におこないましょう。
さらに、依頼した不動産会社がなにを得意としているかも売却期間を左右します。
その地域での顧客情報を多く抱える不動産会社であれば、興味を持ってくれそうな方に直接販売活動をすることができるため、スムーズな売却が期待できます。
売却期間をなるべく縮めたいのであれば、対象地域の事情に詳しい不動産会社を選ぶことも重要なポイントです。

この記事も読まれています|遠方にある不動産を売却する方法とは?流れや注意点を把握しよう!

まとめ

不動産売却の流れや、一般的にかかる期間についてご説明いたしました。
不動産売却を成功させるためには、信頼できる不動産会社と媒介契約を結び、適切な売却活動をおこなうことが大切です。
わたくしども「おひさまハウス」では、東松山市や比企郡の地域に根差して不動産取引の実績を積んでおります。
地域密着だからこそわかる情報も多くございますので、まずはお気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0493-35-3025

営業時間
9:00~18:00
定休日

売却査定

お問い合わせ